「ほっ」と。キャンペーン

桧枝岐キャットツアー

去年からPOWDERジャンキーのOBOUさんから
桧枝岐にキャットツアーがあるので行こうよって誘われていたが3.11があり タイミングを逃していたが
先日行われたMOSSのNEWMODEL試乗会でたまたま そのガイドを務める平野君と知り合うことが出来 連絡を取り合い今回のツアーと相成った 
2月29日AM3:00急遽参加が決まったカスタムプロデュースの永田正生君とカワッチを乗せ途中OBOUさんをピックして 通いなれた南郷へ向かう道を途中から曲がり 桧枝岐を目指す 
スタートからゴールまでひたすら雪道 平日クローズの桧枝岐スキー場に安全運転で到着したのは7時半頃 
早速ガイドの平野崇之君がお出迎え 
(今日はかなりいいですよ(^^))
開口一番かなり嬉しい一言に一同テンションUP 
更衣室をお借りして国道352号線を冬季閉鎖されている所まで数分移動 
そこに待ち構えていたのは今ツアーの目玉 キャット
 
d0091552_22132642.jpg

こんな感じで外に板を取り付ける
d0091552_2218149.jpg

これに乗り込み30分程雪深い国道を圧雪しながら登って行く
大人が8人乗ると窮屈な室内はかなり暖かい
d0091552_2224538.jpg

ピステンブーリーのコクピットからの眺めはこんな感じ
d0091552_22273132.jpg

温かさと心地よい振動で眠くなりそうになった頃 ブナ平スタート地点に到着 
キャットから降りて一人づつビーコンチェック バックパックにはスコップとプローブ 
スタート前に平野君が危険個所も含めコース説明 皆真剣に聞き入る 最初にガイドが滑り無線で指示 
さあドキドキのファーストラン 
キャットロードまで滑り降りると全員満面の笑み 
長いコース?を下まで滑り 今度はスノーモービルでゴムボートを引っ張りその後ろはスノーボードを装着してウエイクボードさながらロープで引っ張り両脇の壁に当て込みながら登ってゆく 上に着いた頃には腕はプルプルだけど(ご馳走様)ってぐらい大満足
 
その後ラインをずらしながらノートラックを滑りまくり 
お昼はお湯を沸かし暖かいカップラーメンをすすり 静かなお昼休憩の後 広大な雪原を平野君の愛車に乗せてもらいビビりながらアクセルON
 
また午後からも延々とノートラック 
3時にラストランで終了~と思いきや下りのウエイクスノーボーディングセッション 直線が長く丁度いいスピードでクルージング、スピードがあるもんだからレギュラーもグーフィーもスプレーがアガル上がる その度にゴムボートのギャラリーからイェーと声援 ソリャー滑り手もアガルっしょー と調子に乗ってるとあっという間にヘトヘト 交代しながら3人回したけど相当満足で車を停めたスタート地点まで到着 
片づけをしながらしばし歓談&記念撮影 
(左)クールなガイド平野崇之使用ボードはMOSS SNOWSTICK64PT BOOTはDEELUXE VICIOUS
(右)熱い男CUSTOMPRODUCEの顔、永田正生
d0091552_1204235.jpg

今回の使用ボードはFREECUTと平野君の愛車  
d0091552_0415341.jpg

帰りには温泉のサービス券を頂いたので 燧の湯へ 硫黄の匂いのする露天風呂から見下ろす透明すぎる伊南川の景色は絶景でした
d0091552_0441983.jpg
 
車に乗り込み興奮冷めやらぬ会話もつかの間 後部座席は全員爆睡
 
の手のひらの中で平野君の思惑通りに転がされた最高のツアーでした   

今年中にまた企画しますので興味のある方は連絡ください
[PR]
by y-tomotsune | 2012-03-03 00:44 | SNOW
<< 展示商品1 展示会 >>